看護師は仕事を中心にした生活を送ってしまいがちであり、家庭生活も並行して行うようになるといかにして家事を手際よくこなしていくかと考えることが少なくありません。その際にはワークライフバランスを再考して、家庭を重視した生活を送る決意ができると仕事に対してもやる気を出せるようになります。
看護師が働く現場ではストレスを受け続けることになることも多く、辛い経験をするのも日常茶飯事でしょう。それを乗り越えてきたものの、ついにはやる気をなくしてしまう人もいます。そうならないための支えになるのが家族であり、その意識を持つためにはワークライフバランスの再考が欠かせません。
もし看護師として現場で働くことを最優先事項として考えている場合には、家庭の重要性が相対的に低くなってしまいます。それが、現場でのストレスに耐えていくための支えとして家庭を認識することができない原因となってしまうのです。しかし、家庭が最も大切なものであるという認識を持つことで、辛いことがあっても家に帰れば家族がいるという気持ちが支えてになってやる気を出すことができるようになります。また、本当に辛い場面に出くわしてしまったとしても、家族のためを思って頑張れるという気持ちも生み出すことができるのです。
精神面を考えると、仕事と家庭は切っても切れない関係にあります。看護師にとっては重要な支えになるのが家庭であり、やる気を出すための原動力となってくるのです。